当社は、平成57年に東明建物管理(株)として設立された当初より、慈恵大学内の清掃、搬送業務の受託を経営の柱として堅実な運営を行ってきました。

 平成16年、東明建物管理(株)は、(株)慈恵実業100%出資の会社となります。親会社となった(株)慈恵実業(慈恵大学100%出資の関連会社)がこのとき考えたのは、「実働部隊」を持つ会社となることが自身のためになり、ひいては大学のためにもなるということですが、同時に、この判断は東明建物管理(株)にとっても最善であったと考えます。

 その後、慈恵ファシリティサービス(株)に社名を変えた当社は、従来の清掃業及び、病院内搬送業務以外への業務拡大も視野に入れながら努力を重ねました。その努力が結実し、平成20年には慈恵大学との間で「搬送・整備業務請負契約」を結ぶこととなって、以降、慈恵医大附属の4病院の搬送業務(メッセンジャー業務)、整備業務(ベッドメーキング業務)及び、リネン類の洗濯業務をはじめとする諸々の外部専門業者への委託業務の管理を行っています。また清掃業務においても「医療関連サービスマーク」を取得し、慈恵医大附属病院(4病院)の清掃の質の向上と適切なサービスの提供に努めております。

 平成20年以降も当社では「特定建設業の認可」、「一級建築士事務所の登録」、「不動産業の認可」と事業の拡大を図ってまいりました。

 現在は慈恵大学関連会社グループの一翼を占める当社ですが、まだまだ発展途上であると考え、更なる明日への飛躍に向けて成長を目指してまいります。

代表取締役社長 石塚雄三